税務関係書類の押印義務が見直されました!

令和3年の税制改正大綱によると、令和3年税制改正において、税務関係書類の押印義務が見直されることとなりました。

これを受けて国税庁では以下の通り取り扱うこととなっています。

                                                 (出典:国税庁HP)

基本的には実印を押さなければならない重要書類だけが捺印の対象であり、通常の申告では押印は不要、ということになります。

また、押印不要となるのは令和3年4月1日以後提出の税務関係書類となりますが、それ以前に押印をしていなくても問題ありません。

 【国税庁HP「税務署窓口における押印の取扱いについて」】
  https://www.nta.go.jp/information/other/data/r02/oin/index.htm